金の糸は美白も可能?なぜ金を入れるとしわたるみがとれる?

金の糸は美白も可能?なぜ金を入れるとしわたるみがとれる?

金の糸を顔の肌のなかにいれることで、若返り老化対策になるときいて、最初は「へ?」なにそれ、なにかのおまじない?と思いましたが・・・

別に金持ちの道楽、成金主義ではなく、ちゃんとした、美容効果があるようです。

フェザーリフトと、金の糸はまったく別物で、金の糸で引っ張りあげるというものではありません。

純金そのものを糸状にして、皮膚の下に埋め込むということらしです。

金属アレルギーの人などどうなのかなと思いますが・・・もともと人間には、微量の金がそんざいしていますし、口から緊迫を食べても排出されるので、基本的に副作用はなさそうです。

で、その効果の仕組みというか理論ですが・・・

金の糸を挿入すると、身体は異物が混入したとみなして、免疫システムが機能して、白血球が胎児しにやってきます。

生体内に侵入した細菌、ウイルス、又は死んだ細胞を捕食し消化する白血球の一部であるマクロファージというものが作られるのです。

このマクロファージが金の糸の周辺をかこむと線維芽細胞が刺激されて、コラーゲンが生成されます。

一方マクロファージは、金の糸を食べることはできず周囲の老廃物なとを食べてくれて、皮下組織が結果的に活性化するのです。

なぜほかの金属ではいけないのかというと、中学の理科でならいましたが、金はイオン化傾向が弱く、体内でも、イオン化して解けてなくなりにくく、長く存在するからでしょう。

このマクロファージが老廃物を食べてくれるおかげで、美白、美肌になる肌の老化対策にも効果を発揮するというわけです。

きっと目の下のたるみとりでいれると、目の下のたるみ解消だけでなく、目の下の黒ずみなども改善するのではないかと思います。


page top