目の下のたるみや頬にかけてのたるみの治療は糸でできる

目の下のたるみや頬にかけてのたるみの治療は糸でできる

目の下たるみや頬にかけてのたるみの治療に有効な方法ははアプトスやワトプスなどのフェザーリフトです。

フェザーリフトというのは、ポリプロピレン製の返しのついた特殊な医療用糸を使ってたるみを丸ごと引っ張りあげるような方法です。

返しのついた糸つまり、毛羽立ちがあることから、フェザーという名前がついているわけです。

アトプスとかワトプスとかいうのは、糸の種類の違いでどの糸を使うかの選択肢があるようです。

糸1本で5万円ぐらいの費用がかかるようですから、1本ではすまないので、費用的には30万円ぐらいは予算として必要になるかもしれません。

この糸の毛羽立ちがも、コラーゲンの生成も促すといわれていますので、単に引っ張りあげるだけではない、リフトアップ効果も期待できるというわけです。

糸で縫うのもなんか怖いですが、切開して皮下組織から引っ張りあげるよりは、リスクが少ない若返り美容整形手術といえるかもしれませんね。

だいたい、手術翌日にはお化粧もできるようです。

page top